松村外次郎 庄川記念美術館

MENU

企画展示

庄川記念美術館 TOP企画展示2020となみチューリップフェア特別展 藤森兼明の洋画

2020となみチューリップフェア特別展 藤森兼明の洋画

 洋画家 藤森兼明氏は、昭和10年に現在の砺波市庄川町に生まれ、金沢美術工芸大学在学中より日展、光風会展に入選を果たすことで頭角を現しました。ところが家庭の事情により、卒業後は名古屋の商社に入社し、約五年間、アメリカに派遣され、画家としての夢は絶たれ、帰国後も苦闘しますが、十数年のブランクをはねのけ画壇に復帰を果たして以降、日展、光風会展を主な発表の場として活動してこられました。平成20年には日本芸術院会員に就任しておられます。現在、日展副理事長、光風会副理事長 常務理事でいらっしゃいます。 ビザンチン美術の聖像と女性像とを組み合わせた「アドレーション・シリーズ」で、これまでに日展内閣総理大臣賞(2004)、日本芸術院賞(2008)を受賞されています。 本展では、85歳となる現在、たゆみなく活動を続ける画家 藤森兼明氏の画業を、当館所蔵作品より30点を選んで展示するものです。 初期の瑞々しい表現から迫真の描写による精緻な人物表現に至る作品の数々をごゆっくりお楽しみください。

藤森兼明 ふじもり・かねあき
1935年富山県砺波市生まれ。58年金沢美術工芸大学油絵科卒業。同大在学中に日展、光風会に入選し、活動の軸とする。卒業後就職し、約5年間、在米し、カトリックの洗礼を受ける。帰国後、制作活動を再開する。80年、84年日展特選。96年日展会員となる。2007年日本芸術院会員に就任。14年〈祈りの美 藤森兼明展〉(富山県立近代美術館)。16年〈藤森兼明 挿絵原画のすべて 宮本輝『田園発 港行き自転車』より〉(砺波市美術館)。17年〈藤森兼明 人を魅せる技展〉(古川美術館)。その他個展、グループ展多数。

開催期間

2020年4月4日(土)〜5月10日(日)
【2020となみチューリップフェア特別展】
チューリップフェア期間4月22日(水)〜5月5日(火)は無休、チューリップフェアのチケットご提示で観覧無料になります。

会期中の休館日:4/7(火)、4/14(火)、4/21(火)
 

入館料

一般・大学生410円(330円)
小中高生210円(170円)
※( )内は20名以上の団体料金、65歳以上の方の減免料金
※児童・生徒の教育活動は無料(詳しくはお問い合わせください)
※ 障がい者(介助者1名を含む)は無料

主催 公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・松村外次郎記念庄川美術館、北日本新聞社
後援 となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、庄川美術館友の会

詳しくは添付資料をご覧ください

関連イベントのご案内

展覧会の集い(観覧無料)【開催中止】
1フルート・コンサート
 日 時 4月19日(日)午前10時
 会 場 庄川美術館 企画展示室
 演 奏 フルートアンサンブル奏
2ギャラリートーク 松村 樹 館長
※現在発生している新型コロナウイルス感染の感染拡大の観点から、中止させていただきます。

実技講座のご案内

庄川美術館では絵画や造形など芸術・美術を始められたい方向けの講座を開催しております。

詳しくはこちら

友の会会員募集

庄川美術館では美術にふれる活動を通して教養と親睦を深める友の会会員を募集しております。

詳しくはこちら
松村外次郎記念庄川美術館 公式Twitter

松村外次郎記念庄川美術館

〒932-0305
富山県砺波市庄川町金屋1066
TEL 0763-82-3373
FAX 0763-82-3383

開館時間:午前9時から午後6時
(入館は午後5時まで)

休館日:毎週火曜日、年末年始(12/29〜1/3)

庄川水資料館