外次郎の交流作家たち
 日本の彫刻界をリードした松村外次郎の友人には、日本の美術史に名をとどめる大画家たちが多く、外次郎と画家たちの交流は深く、互いに作品を贈りあっていました。当館は交流の証ともいえるそれらの作品を収蔵しています。
 交流画家たちの多くは戦前戦後にかけて二科会で活躍し、同会所属作家の日展出品騒動には、反官展の旗を掲げました。
 大正3年、文展から分離して創立された二科会は、昭和19年に解散しました。その後、再興二科の動きに反発し、在野精神をよりどころにした旧二科会員(熊谷守一・栗原 信・黒田重太郎 ・田村孝之介・中川紀元 ・鍋井克之・正宗得三郎・宮本三郎・横井礼市)9人の作家は、昭和22年、第二紀会(後の二紀会)を創立しました。おくれて昭和26年に彫刻部が創設され、松村外次郎・川上全次・菅沼吾郎・中川為延・八柳恭次5人が当初の委員になりました。


交流の証が残されている画家

画歴 没年 交流の証
井上 自助 日展会友、創元会常任委 昭61 松村先生色紙
大久保実雄 二紀会評議員、審査員 昭52 油絵「馬」
岡田 謙三 二科会員、毎日芸術賞 昭57 油絵「女」・手紙多数
北村  脩 二紀会委員、一創会代表 平16 松村先生色紙
熊谷 守一 二科会員、二紀会創立委員 昭52 レリーフ像、写真
熊野 俊一 二科会友、二紀会委員 平17 先生色紙、葉書
栗原 信 二科会員、二紀会創立委員 昭41 水彩画、葉書
小泉  清 国画会々員 昭37 版画「女」
小島真佐吉 二紀会評議員、文部大臣賞 昭61 レリーフ像、油絵「牛」
里見 勝蔵 二科会員、独立・国画会々員 昭56 夫人頭像
島野 重之 文展特選、日展評議員 昭41 素描松村先生
清水 練徳 独立美術協会会員 平7 素描松村先生
田崎 廣助 日展顧問、芸術院会員、文勳 昭59 油絵「花」
田辺三重松 二科会員、行動美術創立会員 昭46 色紙「山」
田村孝之助 二紀会理事長、芸術院会員 昭61 松村先生色紙
中川 紀元 二紀会名誉会員、恩賜賞 昭47 リトグラフ「来迎図」
中村 直人 二科会員、総理大臣賞 昭56 静物画、版画、絵付け皿、手紙
橋本八百二 主線美術、東光会創立 昭54 レリーフ像
平沢喜之助 新樹会員 平6 油絵「バラ」
峰岸 義一 二紀会名誉会員 昭60 色紙「カブト虫」
宮本 三郎 二紀会理事長、芸術院会員 昭49 松村先生色紙


外次郎が制作したレリーフ像等

 
熊谷守一先生像 小島真佐吉氏像


里見勝三氏夫人像 橋本八百二氏像
庄川美術館トップ